平成19年12月20日

 

 112回電子セラミック・プロセス研究会

 &日本電子材料技術協会2008年新春合同講演会

 

 

日時 平成20126() 9:45

場所 東京理科大学理窓会館3F
162-0825 新宿区神楽坂2-13-1
URL http://risoukai.rikadai.jp/risoukai/activities/hall.html 

                                

 

特集テーマ;「今年発展が期待できる材料、デバイス及びシステムの開発動向」

 

座長:一ノ瀬 昇(早稲田大学)

19-112-639  単結晶材料の開発動向

島村 清史NIMS)                   (9:45-10:35)

単結晶を材料としてみた場合、時と共に新しい結晶が姿を見せ、活発な研究・議論が繰り広げられ

ている。従来可視領域近辺が研究の中心であったが、技術の進展にともない、それが紫外領域へと、また一部では赤外の領域へと広がってきている。ここではこうした最近の話題について紹介する。

               

19-112-640 透明導電性酸化物の最近の進歩

細野 秀雄東京工業大学                            (10:35-11:25)

新しい透明導電性酸化物12CaO・7Al2O3とディスプレイ分野で有機ELや大型LCDのバックプ

レーン用のTFTとして注目されている透明アモルファス酸化物半導体(TAOS)について主に

紹介する。

 

19-112-641  Giant Dielectric Constant Materials 

X.M.Chen (浙江大学                                  (11:25-11:55)                                  

Recently, the giant dielectric constant materials such as CaCu3Ti4O12 and M(Fe1/2Nb1/2)O3

(M=Ba, Sr) have received much scientific attention. The material systems and the origin of

giant dielectric response will be discussed together with the structure and property modification.  

      

昼食                                                              (11:55-12:45)

 

座長:山下 洋八((株)東芝)

19-112-642  高性能非鉛系圧電材料の開発

唐木 智明 (富山県立大学)                (12:45-13:25)

チタン酸バリウムも非鉛系材料の一つであるが、特性が低いため、圧電応用には広く利用

されていない。チタン酸バリウムの特性を向上させる目的で、粒成長を制御しドメイン

サイズを減少させ、粒内のドメイン壁密度を増加させ、圧電定数d33450pC/Nを得た。

 

 

19-112-643  シェアモ−ド型ピエゾインクジェットヘッドの産業分野への応用
西  真一(コニカ ミノルタ IJ(株))        (13:25-14:05)
      高感度のPZT基板を15モ−ドで駆動させたシェアモ−ド型インクジェットヘッドの構造と性能について報告し、多様なインクを射出する産業分野での活用について紹介する。
 
19-112-644  HDD磁気ヘッドの現状と将来

照沼 幸一(TDK株式会社)                             (14:05-14:45)

HDDの飛躍的な大容量化に貢献してきた磁気ヘッド技術について、材料,構造,および
       プロセスの面から紹介する。これまでの技術の変遷と、最新のトンネリングGMR(TMR)や
       垂直記録(PMR)ヘッドおよび今後の課題と展望について述べる。

                             

コーヒーブレイク                       (14:45-15:00)

 

座長:山本 孝(防衛大学校) 

19-112-645  エネルギーと気候変動問題               (15:00-15:40)

      若井 和憲   (岐阜大学)

化石燃料の資源量、温暖化問題を見据えたときのエネルギー源と消費のあり方を述べる。

  

19-112-646  太陽光を用いた大規模発電(その夢と現実)        (15:40-16:20)

河本 桂一  (みずほ情報総研())

環境に優しいエネルギーとして太陽光を用いた100MWクラスの大規模な発電所の計画が進んでいる。 特に砂漠に設置する案が有力であり、その実現のためのテストが世界各国で行われている。 

そのテスト結果と設置コスト、発電コストを求め、実現性について紹介する。

 

岡崎清賞受賞講演 & 岡崎清賞及び岡崎清功労賞授与式                (16:20-17:00)

 

懇親会

     

なお17:10より、同会館「2F クラブ会議室」において懇親会を開きます。会費は1000円です。奮ってご参加いただき討論をお続け下さい。

                           今回担当幹事 山本孝 (防衛大) 山下洋八 (東芝RC)

 今後の予定
 過去の研究会
 リンク