電子セラミック・プロセス研究会 会員各位
平成28年6月20日


電子セラミック・プロセス研究会
会長 山本 孝

第157回電子セラミック・プロセス研究会プログラム


日時:平成28年7月16日(土)13:00より 場所:万国橋会議センター 401号室(横浜市中央区海岸通4-23) HP: http://offersweb.co.jp/s/map/bankokubasi_kaigisenta-_map.html 参加費:法人会員、学生:無料 上記以外 大学・公研:2,000 円、企業:5,000 円
                           
評議員会(評議員、役員のみ)
(12:00-13:00)

特集テーマ:「IoTを支える蓄電技術」


座長:有光 直樹(昭栄化学工業(株))   
28-157-878       「酸化物系固体電解質LLTOの高性能化」(13:00-13:40)
東邦チタニウム株式会社 堺 英樹 氏
28-157-878(13:00-13:40)
「酸化物系固体電解質LLTOの高性能化」 東邦チタニウム株式会社 堺 英樹 氏

次世代リチウムイオン電池と目されている全固体電池・Li空気二次電池に使用されるであろう固体電解質 には、ガラス系・酸化物系・硫化物系など、いくつかの候補物質が開発のしのぎを削っている。本講演では、 酸化物系の候補材料の一つであるLLTOの性能を向上させることが出来たので、LLTOの高性能化に 関して、紹介を行う。

28-157-879       「High-Ni正極を適用したリチウムイオン電池の開発 現状と課題」(13:40-14:20)
NECエナジーデバイス株式会社 山本 剛正氏
28-157-879(13:40-14:20)
「High-Ni正極を適用したリチウムイオン電池の開発 現状と課題」 NECエナジーデバイス株式会社 山本 剛正氏

NECエナジーデバイスでは、蓄電システムや車載用リチウムイオン電池のエネルギー密度向上を推進して いる。高エネルギー密度化のための候補として有力な、High-Ni正極材を検討した。本講演では、 製品開発における、High-Ni正極の現状と課題、その評価方法、および改善の指針を紹介する。

28-157-880       「次世代大容量キャパシタの創生と実用化」(14:20-15:00)
東京農工大学 直井 勝彦 氏
28-157-880(14:20-15:00)
「次世代大容量キャパシタの創生と実用化」 東京農工大学 直井 勝彦 氏

循環型エネルギーが効率利用されるスマート社会において、大容量キャパシタ・高速蓄電デバイスは、産 業・生活のあらゆる場面で必要とされている。演者らは、独自技術である超遠心ナノハイブリッドにより 空間・空隙制御されたカーボン/金属酸化物複合体ナノ蓄電材料を創製している。これにより、現行キャパ シタを凌駕するエネルギー密度を達成した「ナノハイブリッドキャパシタ」を開発し実用化に至っている。 スマートモビリティー、自動運転、エコ公共交通、鉄道分野、建設重機、IoTなどに大きな貢献が期待さ れる。

(15:00-15:20)    休憩

座長:堺 英樹(東邦チタニウム(株))
28-157-881       「全固体リチウムイオン二次電池の研究開発」
トヨタ自動車株式会社 中西 真二 氏(15:20-16:00)
28-157-881(15:20-16:00)
「全固体リチウムイオン二次電池の研究開発」 トヨタ自動車株式会社 中西 真二 氏

トヨタ自動車では、将来のPHV,EV用次世代電池として、全固体リチウムイオン二次電池の研究 開発に注力している。本講演では、その研究開発状況について紹介する。

28-257-882       「革新電池の開発現状と課題」(16:00-16:40)
首都大学東京 金村 聖志 氏
28-257-882(16:00-16:40)
「革新電池の開発現状と課題」 首都大学東京 金村 聖志 氏

リチウムイオン電池を超えるエネルギー密度を有する電池、革新電池にが活発に研究されている。 日本においてはNEDOやJSTを中心に研究開発が展開されている。本講演では、Li金属を負極とする 電池、リチウム金属電池、リチウム空気電池、リチウム硫黄電池、全固体電池に関する最新の成果に ついてまとめて紹介する。また、これらの電池の特徴を比較し、今後どのような用途に展開されるのか、 そのために解決しなければならない課題は何かについて議論する。

   引き続き17:00過ぎより、自由討論会(参加費 ¥3,000)を みなとみらい線・日本大通り駅近くのイタリアンダイニング・カリーナ(http://www.e-carina.jp/)にて行います。 多数の皆様のご参加をお待ちしています。
157回担当幹事: 東邦チタニウム株式会社 堺 英樹 事務局: http://elecerapm.com/
 今後の予定
 過去の研究会
 リンク