107回電子セラミック・プロセス研究会プログラム

 

日時 平成19年3月24日(土) 13:00 より

場所 湘南工科大学・東京キャンパス

   東京都港区三田3-7-18 糸山タワー7階

 

評議員会(評議員、役員のみ)                                          (12:00-13:00)

                                

特集テーマ;「電子セラミックスの分析・評価・解析・シミュレーション技術

 

座長:平原誠一郎(京セラ(株))

18-107-612        走査透過電子顕微鏡法(STEM)によるセラミック粒界の超高分解能構造

解析と材料設計

        幾原 雄一(東京大学大学院)             13:00-13:45)

                  

18-107-613  電子セラミックスの微構造評価 

(積層コンデンサ用誘電体材料のTEM、SEMなどによる微細構造評価事例)

        本吉 康弘((株)村田製作所)             (13:45-14:30)

 

18-107-614  放射光X線回折によるチタン酸バリウムセラミックスのコアシェル構造の

 解析

(SPring-8における回折実験により,コア・シェル構造を有するBaTiO3セラミックスのシェル厚み及び体積分率の定量)

安川 勝正(京セラ(株))                (14:30-15:15)

 

コーヒーブレイク                                                 (15:15-15:30)

 

座長:人見 篤志(TDK(株))

18-107-615  ナノマニピュレーション技術の応用

      (走査電子顕微鏡をベースにしたマニピュレーション技術について最新の応用例を紹介。

野久尾 毅(日本電子(株))              (15:30-16:15)

 

18-107-616  電子材料分野におけるICP-MSの応用

     (ICP-MS手法でのフェライトの組成分析及びRoHS規制物質分析例など)

        大石 昌弘(TDK�梶j                 (16:15-17:00)

     

なお17:10より、同ビル1階レストラン(イルフィーロ)において懇親会を開きます。会費は1000円です。奮ってご参加いただき討論をお続け下さい。

                                今回担当幹事 平原 誠一郎(京セラ(株))

 今後の予定
 過去の研究会
 リンク